喉が痛い!つわりの胃液はあなどれない!緩和させる3つの方法とは

48 - 喉が痛い!つわりの胃液はあなどれない!緩和させる3つの方法とは

つわりの嘔吐を頻繁に繰り返していると直面するのが喉の痛み。吐けば吐くほど喉への負担は大きくなるんですよね。1日何度も何度も吐いていれば喉もやられても不思議ではありません。つわりの対策ってけっこうあるんだけど、その先の嘔吐によえう喉の痛みの情報ってけっこう少なくて(;´Д`)当時はどーすればいいんだぁー!とモヤモヤしていました。

 

そして、嘔吐による喉の痛みを和らげる方法をいくつか探しました。

つわりで胃液を吐く方が喉が痛いかも・・

つわりの嘔吐には2種類ありますよね。食後に食べたものを吐いてしまう場合と、空腹で胃液を吐いてしまう場合。みなさんはどちらが辛いですか?(>_<)

 

私は食後の嘔吐よりも空腹時の嘔吐の方が嫌でした。つわりが始まった頃はただ食べて吐くことを繰り返していたので、どんなものが吐きやすいとか苦しくないと言ったことまでは頭が回っていませんでした。ですので最初は刺激物やカレー、ビーフシチューなどでも食べていました。やはり固形のものを食べて吐いてを繰り返していると喉も傷ついてくるのでしょうか。だんだんと喉が痛くなってくるんですよね。

 

刺激物は吐くときにつらいので、食事は味の薄いものやおかゆなどにだんだんと変わってきました。やっぱり味の薄いものや水分の多いものは比較的吐きやすかったです。これで少しは喉への刺激も和らいでくるだろうと思っていました。

 

しかし。本当に喉を傷めていたのはそれではなかったんです・・(>_<)

 

 

食後だけではなく、空腹時も嘔吐をしてしまっていた私。空腹時の嘔吐ってホント最悪ですよね(>_<)経験した方ならわかると思うのですが、もう胃に吐くものなんてないのに!という状態でもひたすら吐き続ける。ほんと地獄。

 

空腹だから当然胃液を吐いてしまう。もっとひどい時には胆汁まで嘔吐してしまう始末。

胃液の嘔吐によって喉がもっと痛むようになってしまった

胃液ってものすごく苦いですよね(;´Д`)そんな胃液を吐き続けると喉が焼けたように熱くなってきます。食べ物を吐いているときの刺激とはまた違いヒリヒリとするんですよね。

 

だからと言って毎日嘔吐は続いているので安静になんてできない。吐いても吐いても終わらないつわりに嫌気がさしてきますよね。喉にも傷がついたのか時々血が混じることもありました。

 

こうなってしまうともう吐くのが怖い・・。

胃液を吐くようなつわりは我慢しちゃダメ!脱水に注意

そんなつわりで一番心配なのは脱水。つわりで吐いて心配なのは何よりも脱水なのです。喉の痛みを抱えるほど吐いているということはかなりひどいつわりなのではないでしょうか。

 

つわりがひどすぎて、病院に行ったら脱水でそのまま入院!なんてこともあります。つわりがひどいと外出も大変で(家にこもっていてもしんどいんですけどね・・)、病院に行くのが遅れてしまうこともあります。

 

水分が摂れているかどうかだけは必ずチェックしてくださいね。トイレで尿が出ないときは危険です。気持ち悪い、吐くのがツライ、のどが痛い・・そんな不快症状にばかりき気を取られてしまいその日を過ごすことに精いっぱいになっていると、脱水に気づくのが遅れてしまうこともありますので注意してください。

嘔吐で喉を傷めてしまったらどうしたらいいか?3つの方法

すでに痛めてしまった喉。毎日嘔吐しているとなかなか治ることはありません。むしろひどくなっている人もいるのではないでしょうか。のどの痛みを緩和するために一番大事なことは「吐かないこと」。でも無理ですよね(>_<)

 

少しでも痛みを緩和する方法を紹介します。

吐く前に水を飲んでみること

これは吐くのを前提として飲みます。胃液によって喉がやられてしまうので水で薄めてあげるのです。水さえも吐いてしまうつわりの場合、飲むとすぐに吐いてしまうことがありますので、すぐにトイレや洗面器に吐ける状態にしておきましょうね。吐くために飲むのはつらいのですが、胃液をそのまま吐くよりは喉への負担が少ないです。

 

私の場合、空腹の状態で吐くとしばらく胃液だけの嘔吐が止まらなくなっていました。しかし水を飲んでから吐くと勢いよく水を吐いて終わります。同じ「吐く」でも大量に吐いて終わる方がましでした。

 

あえて水を飲んで吐くほうが胃液の焼けるような熱さに喉を傷めずに済みますよ!

吐きやすい食材を食べること

もう食事内容もほとんどが吐きやすくする食材に変わりました。例え急に刺激のあるカレーなど欲しても絶対に食べません。一度ビーフシチューで嫌な思いをしたので(>_<)吐くために食べるようでおかしな感覚でしたが、少しでも喉を傷めないために優しいものを選ぶことをおすすめします。

 

中でも一番おすすめなのはアイス。(すでに食事ではないですが、何か口に出来るならましと考えていました)それも乳製品のアイスがおすすめです。なぜ乳製品のアイスかと言いますと、乳製品は喉や胃の粘膜を増やしてくれるのです|д゚)!!胃液で傷ついた喉を少しでも保護してあげることが出来ます。アイスはつわりのときでも比較的食べやすいですよね。

 

吐きやすいものと言っても、実際毎日食べられるものが違って何なら食べられるのかわからない時期もありました。そういうときにはせめて吐きにくい食材だけ避けましょう。消化の悪いもの、固いもの、刺激のあるもの。これらを避けるだけでも違ってきますよ!

飴をなめること

残念ながら飴で喉が治るわけではありませんが、胃液を繰り返し吐いていると口の中が気持ち悪いですよね?その気持ち悪さでまた吐くこともあったので、飴をなめて落ち着かせていたことがあります。飴をなめているだけでつわりが多少楽になるという方もいるんです。私も口の中が気持ち悪かったので常に飴を持ち歩いていました。普段あまり飴をなめないので、つわりの時は飴をなめすぎて口が痛くなってしまいました(;^ω^)

 

飴でごまかして空腹時の嘔吐を回避したこともあったので、個人的に多少は有効なのかな?と思っています。

つわりの胃液で喉が痛い!対策方法まとめ

胃液から喉を守るためには、上手に吐く方法を身に着けることが大切です。

そのためには

  1. 水を飲んでから吐くこと
  2. 吐きやすい食材を選ぶこと
  3. 飴をなめてつわり対策

この3つがおすすめです。これは私が実際に喉を傷めた時から実践していました。喉を傷める前に予防として行うのも有効です♪これだけでも喉への刺激は違いました。胃液を吐いてしまうこと、のどを痛めてしまうことよりも重要なのはそれによって脱水になっていないかどうかということです。次の妊婦健診まで我慢なんてしちゃだめですよ?私は産婦人科まで車で30分かかるので、躊躇してしまうこともありました(>_<)反省です。少しでも楽に吐けるように試してみてくださいね。

.jpg - 喉が痛い!つわりの胃液はあなどれない!緩和させる3つの方法とは

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気ブログランキング


にほんブログ村 マタニティーブログ つわりへ

お問い合わせ

お問い合わせはこちらからお願いします。