吐きすぎて喉が痛いつわり体験談。自暴自棄になっていた日々

4 300x293 - 吐きすぎて喉が痛いつわり体験談。自暴自棄になっていた日々

妊娠7週目頃からなんとなく気持ち悪くなり、日に日に体調が悪化しました。そして8週目をすぎた辺りから食べたものを吐くようになりました。

 

私はかなり食べるほうだったので、大量に食べて大量に吐く。そんな感じでした。しかし、だんだんと食後2~3時間すると胃液を吐くようになりました。私1日中吐いてるって思うとなんで妊娠したんだろうとまで思うようになっていたんです。

 

妊婦健診に行くこともまた憂鬱。つわりがあっても診察時間まで待たないといけなくて(予約制なのに・・)、待合室で座っているのが拷問のよう。途中でトイレに行ったり、壁際に座って寄りかかって一点を見つめていたり(涙)周りなんて気にしていられない状況でした。何度か尿糖が出てしまい、1日かけて数回採血する糖負荷試験をすすめられましたが、つわりが終わるまで待ってくださいとお願いをしたことも(ノД`)・゜・。

もう吐きたくない!いつまで続くのこのつわり!

毎日毎日吐いて、一体いつまで続くのかと不安になりました。毎日「つわり いつまで」とか「つわり 軽くなる時期」とか検索ばっかり。自分でもすぐには終わらないことはわかってるんですけど、そうやってあとどのくらい耐えるかの目安がないと耐えられなかったんです。

 

そんなときに私の叔母が「私なんて産むまでつわりでね、分娩台の上でも吐いてたよ。本当に子どもを諦めようかと考えたこともあったよ」と話してくれました。え、私も産むまでだったらどうしよう!という気持ちもありましたが、それでも叔母は2人産んだという事実がちょっと私を励ましてくれました。どんな優しい気遣いよりも経験者の一言ってなんか強いですよね。

つわりで吐きすぎて血が混ざっていた

あるとき、胃液を吐いた時に血が混じっているのを見つけてしまったんです。少量でしたが、かなりショックでした。吐きすぎて喉が切れてしまったのでしょうか。吐くたびに喉が痛かったです。

 

それでも吐くので喉が痛いのは治ません。とにかく飴をなめて、固いものを食べないようにするくらいしかできませんでした。もう自炊も出来ないし家事なんて放置なので旦那に言って私は実家に帰ることにしました。

吐くための食事、吐きやすい環境へと変化

つわりの対策はけっこうやりました。ツボもやったし、ビタミンB6も摂った。エビオスも飲んだし、太田胃散も。でもやっぱり嘔吐はなくならなくて。空腹にならないためにおにぎりを持って仕事に行ったり、常に大量の飴を持ち歩いたりしていました。

 

喉が痛くなったことをきっかけに、ご飯も柔らかく炊いてもらうようにお願いしました。実家ではずっと横になっていられるので精神的にけっこう助けられました。

 

家にいるとあれをやらなきゃ、これもやらなきゃってなってしまうんですよ。実家に甘えていいのだろうかという気持ちはあったけど、今思えば甘えられるなら甘えた方が絶対にいいと思います。つわりは完全にはなくならないので、どう上手に付き合っていくか。それが一番大切なのかなって思います。

 

吐くために食べているし、食後はどうせ吐くんだからすぐトイレに向かう。お腹が空く前におにぎりを食べておく。食に対する楽しみは全くなくなったけど、とりあえずその日を無事に終えるために淡々とこなす(しかない)という状態でした。

 

結果安定期を過ぎたころから少しずつ嘔吐の回数が減り、つわりは落ち着いてきました。ただし完全には終わっていません。でも普通に生活が出来るようになっただけでも十分でした。味覚障害は出産まで治らなかったです。

 

とにかくつわりと共に過ごすつもりで、甘えられることはとことん甘えてどうにか時がすぎるのを待つしかないのかなと思います。

.jpg - 吐きすぎて喉が痛いつわり体験談。自暴自棄になっていた日々

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気ブログランキング


にほんブログ村 マタニティーブログ つわりへ

お問い合わせ

お問い合わせはこちらからお願いします。