つわりに鍋がおすすめな理由!苦手な人はこんな工夫をしてみては?

2 - つわりに鍋がおすすめな理由!苦手な人はこんな工夫をしてみては?

そろそろ鍋の季節ですね。鍋はいろんな食材を食べることができるし体も温まります。しかしつわり時の鍋はかなりのリスクを伴います。鍋を想像しただけでも気分が悪くなってしまう人もいるかもしれません。でもちょっとした工夫でもしかしたら食べることができるかもしれません。

 

家族のご飯も簡単に作れて自分も食べられるならぜひともやりたい鍋!そこでつわりでもおすすめな食べ方を紹介したいと思います。

つわりでもおすすめ鍋とは?どんなレシピがある?

鍋といえば具材をたくさんいれて煮込む。これが普通だと思います。しかしながらつわりの時はその鍋のいい香りさえもオエッとしてしまうことも珍しくありませんよね。

 

そういう時にはちょっと一工夫してみてはいかがでしょうか?まれにキムチ鍋だけ食べられたなんて声もあるのですが、私は調子がよさそうだった時にキムチ鍋を食べて悲惨な思いをした経験があります。刺激物は吐くときに喉が焼けるような痛みがあるし、胃も痛くなるのでできるだけ避けることをおすすめします。

 

 

基本的にはあっさりとした鍋がつわりの時には食べやすいです。で、その時にとっても役に立つのがこんぶ水。麦茶ポットに昆布と水を入れておくだけでOK。これがつわりの時に役立つのは後で説明しますね。
Cpicon お味噌汁&水炊きのだしに!簡単にこんぶ水 by 槙かおる
一番おすすめなのは水炊きです。簡単にそしてあっさりとした水炊きはつわりの時でも食べやすいです。昆布水に鶏がらスープの素と酒を入れて、鶏肉・白菜・しいたけ・ニンジンなどの好きな具材を煮込むだけです。

 

ネギなど臭いが残るものは後からきついので気を付けてくださいね。温かいスープに抵抗がなければそのまま温かい水炊きを食べることで身体が温まります。

鍋にショウガを入れてつわりの吐き気を軽減!?

3 - つわりに鍋がおすすめな理由!苦手な人はこんな工夫をしてみては?

その時にショウガを少し入れるのもおすすめ。ショウガはつわりにとってメリットがたくさんあるんですよ。

実はショウガには吐き気止め作用があるって知ってました?

これ、オーストラリアで研究され米国産婦人科学会の発行する学術誌で発表されているんだそう。研究内容は、つわりの吐き気や嘔吐に悩む291人の妊婦さんを乾燥したショウガの粉の入ったカプセルを飲むグループとビタミンB6の入ったカプセルを飲むグループに分けるというもの。

 

結果どちらも継続すると吐き気や嘔吐がよくなったんだそうです。

(参照サイト https://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/hotnews/archives/303846.html)

 

ビタミンB6はつわりを軽減するのに有効とされている成分であり、この結果からするとショウガも同じように吐き気や嘔吐に対して効果が期待できるということです。

 

このショウガ、1日分にするとすりおろしショウガで小さじ1杯程度なんだそう。鍋にショウガを入れてみると吐き気の軽減が期待できるかもしれませんよ!

つわりで温かいものが苦手!別に冷たい鍋だっていいじゃない!

1 1 - つわりに鍋がおすすめな理由!苦手な人はこんな工夫をしてみては?

温かいと食べれない。あのもわっとした湯気が最悪!そんな方もけっこういるのではないでしょうか?私も実は冷たいものばかり食べていたうちの一人。温かいというだけで拒否感が・・(´・ω・`)

 

そんな時にはさきほど紹介したこんぶ水を凍らせておいて入れて冷たくしてしまいましょう!こんぶ水なので味が薄まることも防げるし美味しく食べることができます。

 

ショウガ入りでも冷たくすると食べやすいですよ?

 

または最初から冷やし鍋を作るというのもありです。夏の暑い時期に冷たい鍋を食べる人もいるので検索すると結構冷たい鍋のレシピって出てくるんです。

 

 

トマトはつわりでも比較的食べやすい食材。トマトをベースにしたトマト鍋、塩のさっぱり鍋など結構冷たくても美味しく食べることができる鍋ってあるんですよ。基本的にはさっぱりした味のがいいですよね。

 

冷やし鍋だけでなく、冷やしラーメンもおすすめ。ですが麺類は吐いてしまったときに喉に詰まることがあるのでよーく噛んで食べてください。私はうどんで死にそうになりました・・

 

鍋にすると好きな具材を入れることができるし、味も自由に変えられます。冷たくても温かくても対応できるので自分の状態に合わせることができるし家族と別の食事を作る手間も省けます。

 

冷蔵庫の残り物でもできるので自己流の鍋を作ってみてはいかがでしょうか?

つわりで鍋をするときにはこんなことに気を付けて!

2 1 - つわりに鍋がおすすめな理由!苦手な人はこんな工夫をしてみては?

通常時なら何も気にすることなく食べる鍋でもつわりのときはすんなりといかないことも・・これ、つわりあるあるにもなるのかもしれませんが(笑)鍋をするときに気を付けた方がよいことを書いておきたいと思います。

 

1、湯気には要注意!

鍋のふたを開けた瞬間のもわっとした湯気。それこそつわりじゃなければ「いい匂い~!」なんてなるものが一瞬にして鍋を食べたいという気持ちを萎えさせてくれるのです。温かい空気がダメ、さらには食材の匂いがダメ。そんな方は鍋を開ける時には鼻をつまむか、旦那さんに代わってもらってください。せっかくの鍋が食べられなくなってしまいます。

 

2、柔らかめにすると良い

つわりの時の食事はよく噛まずにさっと流してしまうことが多くないですか?気持ち悪くなる前に食事を終わらせてしまいたいと思うのであまり噛まずに飲み込んでしまうことも。鍋も煮込みすぎてしまうとあんまり美味しくないんですけど、ある程度柔らかくしておいたほうが食べやすいです。

 

胃にも優しいですし、もし食後に吐いてしまっても喉に詰まってしまうのを避けることができるからです。

 

3、消化の悪いものを避ける

妊娠中は消化不良を起こしやすく、できるだけ胃に負担をかけない方がよいです。つわりのせいで食べられる食材。食べられない食材があると思うのでそこまで気を配れないこともあるかと思いますが、余裕があれば消化の良い食材を選ぶことをおすすめします。鍋の定番の食材ですがキノコは消化が良くないので家族用として入れる程度にする、消化の良い鶏ささみ白身魚を使うなど工夫をするともっといいと思います。

節約も兼ねて!鍋はつわりでもおすすめな食事です

つわりの間ってどうしても家族とは別の食事になってしまいがちじゃないですか?でも鍋なら自分の食べられそうな食材と家族の食材を一緒に煮込むことができるので手間も省くことができます。

 

家族は温かい鍋、自分は昆布水で作った氷を入れて冷たくする。そんなことも簡単にできるのです。アレンジも効くので違う味の鍋にすれば頻度が高くても飽きることなく食べれます。

 

食材を切って入れてしまえば後は火にかけるだけでできるので食事の支度の負担も減らすことができます。できればショウガを入れてつわりの吐き気も軽減♪

 

メリットがたくさんあるのでぜひ鍋にチャレンジしてみてくださいね。

.jpg - つわりに鍋がおすすめな理由!苦手な人はこんな工夫をしてみては?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気ブログランキング


にほんブログ村 マタニティーブログ つわりへ

お問い合わせ

お問い合わせはこちらからお願いします。