つわりで休むのは甘え?そんなこと悩む必要なんてない!

52 - つわりで休むのは甘え?そんなこと悩む必要なんてない!

つわりがひどくなると私生活にも大きな影響がありますが、仕事をしている女性にとっては仕事にも大きな影響が出てきます。あまり休みが多くなってしまうと仕事を続けることも難しくなってきますよね。そうは言っても自分の意思だけではどうすることも出来ず、仕事をしたいのにできないジレンマに陥ってしまうのではないでしょうか。

 

私もフルタイムで仕事をしているため、つわりの間の仕事が本当につらくてどうしたら良いのか相当悩みました。つわりで仕事を続けるうえで、どうしてもダメな日はお休みをせざるを得ないことってありますよね?しかしそれは甘えではないかという葛藤も。つわりで仕事を休無ことは甘えなのか?私の体験と、実際につわりと仕事で悩んだ先輩ママさんの体験を書いていきたいと思います。

つわりのまま仕事を続けることは本当に大変

つわりで吐き気や嘔吐をしている場合、仕事中にも吐いてしまうことや気分が悪くなり仕事を中断してしまうことがあります。比較的調子の良い日だとしても、気持ち悪さなどで仕事に集中することが出来ません。

 

それはどの業種でも同じなのです。食べ物を扱う仕事では食べ物の匂いで気分が悪くなる。介護の仕事では人の匂いが気になる。事務仕事ではずっと座っていられない。つわりの場合はこの仕事は楽というものではないのです。だって座っているだけでもつらいんですから。

 

「看護師なんだからそれくらい管理できるでしょ」「デスクワークも出来ないの?」このような理解のない発言をされるような職場には初めから理解してもらうことは厳しいかもしれません。

 

でも、知っていますか?つわりで仕事を休むことってずる休みではないんですよ!

つわり仕事を休むことはしっかりと認められていること!甘えではない

90 300x199 - つわりで休むのは甘え?そんなこと悩む必要なんてない!

実際につわりで仕事を休むことって法律では認められているんです。つわりって病気とは違うし、つわり程度で休むの?って思われてしまうことが怖いけれど休むこと自体は問題ないのです。

 

私がつわりでつらい時期、遠慮せずにお休み出来るようにと職場の同僚が調べてくれたことがあります。

男女雇用機会均等法におけるつわりの休暇

会社は主治医からつわりがひどいので仕事を休むよう指導されている場合、これを拒否することはできません。会社にこのことを伝えてお休みしてくださいという内容になっています。もちろんこれは妊婦健診の時も同様です。健診でお休みをするときと同じようにつわりでもお休みをすることは認められているのです。

 

お休みだけではないんですよ。

  • つわりで満員電車に乗れない⇒通勤時間をずらす
  • 夕方になると体調が一気に悪化する⇒勤務時間を短くする
  • 吐き気や嘔吐で休憩することが多い⇒休憩時間を増やす
  • 休憩時間が短いとすぐ動けない⇒休憩時間の延長

こういった勤務の変更も可能なのです。

労働基準法にも妊娠中の働き方がある

つわりでも関係なくつらい仕事を任される。これは耐えられないからお休みしたい。残業で身体がついていかないのでお休みしたい。そう思っている方もいるかもしれませんね。でも、こういった決まりもあるんですよ。

  • 時間外労働や休日労働をさせてはダメ
  • 重い物を持たせることや、有害な仕事をさせてはダメ
  • 1日8時間(週40時間)を超える時間働かせてはダメ
  • 負担の軽い部署へ希望した時には拒否してはダメ

つわりの前と全く同じように働くというのは正直言って無理です。だからお休みしたいという気持ちは痛いほどわかります。お休みをとることは甘えではありません。ただ、お休みをしていまうと時給で給与が減ってしまう方もいるかと思います。何かあったときにために有給は残しておきたいとも思いますよね。

 

もしも時短勤務なら頑張れそうだったり、部署が違ったら続けられるなどあるなら上司に掛け合ってみるのもひとつの手ですね。もちろんそこは無理のない程度で!

そうはいってもつわりで仕事は堂々と休めないのが現状・・

53 300x199 - つわりで休むのは甘え?そんなこと悩む必要なんてない!

でもこんな法って知らない方の方が多いではないでしょうか。女性の私でも妊娠して調べるまで知らなかったんです。それを男性上司やパートのおばちゃんが知っているとは思えない・・。

 

つわりでも休ませてもらえる優しい職場って、こういった法に詳しいというよりは経験者だったり理解のある人が多いからなのかもしれませんね。

 

つわりは病気ではないという男性の考え。昔はつわりくらいで休むなんて考えられなかったというおばちゃん。いくら法で定められていたって人の考えはそう簡単に変わるものではないんですよね。

 

 

でも、つわりでお休みすることって、自分のためだけでなく赤ちゃんのためでもあるんです。母親が無理をしてしまうと赤ちゃんにも影響が出てしまうこともあります。無理に仕事をしてストレスを溜めてしまうと切迫流産のリスクが高まってしまったり、血管が収縮して血流が悪化し赤ちゃんに栄養が十分に行かなくなってしまうこともあります。

 

 

赤ちゃんを守るためにはしっかりと休むことも大切なんですよ!

つわりで休むのは甘えだと思われないために!上司への言い方

28 - つわりで休むのは甘え?そんなこと悩む必要なんてない!

そこで大事なのがどうやって上司に説明をするかということです。

 

まず初めに職場妊娠していることを伝えてしないというパターン。それぞれ事情があるかもしれませんが、お休みをする上ではしっかりと伝えなくてはなりません。上司に言わずに仕事をしていたら、つわりで体調が悪いだけなのに態度が悪いと思われ怒られてしまったなんて方もいるんです。

 

妊娠、そしてつわりがあることはどんな上司でも言っておいた方がいいです。

 

話を聞いてくれる上司なら自分の状態を詳しく説明してもいいと思うのですが、そうでない場合は長々と説明するのは言い訳のように聞こえてしまいます。まずは自分の考えをまとめておきましょう。

  • つわりの症状、なぜ休む必要があるのか
  • どのくらい休むのか?長期?単発で?
  • 時短勤務や配置換えの希望
  • 自分が休むときの配慮

そしてつわりのことを知らない上司が聞きたいことを考えてみるといいと思います。

  • いつまで休むのか
  • いきなり休むつもりなのか
  • 休んだ分の穴埋めはどう考えているのか

上司や職場にとっては急に休むことで仕事が回らななったり負担が増えてしまうことが気になります。お休みをする場合、変わってもらえる人がいるのかは確認しておいた方がいいですよね。

 

また、自分しかできないようなことは急に休んでも別の人が対応できるようにしておくこと。これも大切です。休みたい主張ばかりしては甘えととらえられてしまいますが、休ませてもらうために動いておくことで相手もとらえ方が変わってくるのではないでしょうか。

 

「○○さんにはつわりのことを伝え、出来るだけシフト変更に対応してもらえるようお願いしました」

「○○の仕事はいざと言う時のために○○さんに引き継いでおきました」

 

例えそれが出来なかったとしても、申し訳ないという気持ちを伝えることは大事です。休むことは甘えではないけれど、ほかの人の負担が大きくなってしまうことは事実。そのフォローをすることで自分も相手も嫌な気にらずにお休みが出来るのではないでしょうか。悪いことをしているわけでも、サボっているわけでもないんですけどね。仕方ない、自分と赤ちゃんを守るためです!

つわり中の仕事みんな続けたの?それとも休んだ?

11 - つわりで休むのは甘え?そんなこと悩む必要なんてない!

28歳 元営業
当時は営業職だったので、長距離運転して営業に行くことばかりでした。あまりに辛くなってしまったので上司に今の状況を説明して相談することにしました。するととても心配して同僚にも協力するよう話してくれて、その後事務に方に変えてもらうことが出来ました。

 

 

40歳 企業勤め
通勤中、電車で体調が悪くなり周囲の方に大変迷惑をかけてしまいました。急に私が休むことで同僚にも迷惑がかかる。つわりで無理に出勤することは自分だけでなく周囲の方にも迷惑をかけてしまうことを実感。中途半端に休むならしばらく休みにした方が派遣社員を雇ってもらうなどの対応が出来るので上司に相談して早めに産前休暇をとらせてもらうことにしました。

 

 

31歳 元経理
経理の仕事をしていました。妊娠していることを伝えていないため、ずっとトイレにこもって吐いていることもありました。安定期に入ってようやく伝えることが出来たため、つわりで休むことが出来るようになりました。

 

つわりでも休まずに仕事を頑張っている方はけっこう多いんです。しかし。無理をしてしまい通勤時に座りこみ他の乗客に迷惑をかけてしまうことも。何が起きるかわからないんですよね。

 

しっかりと職場に事情を伝えて置くことで職場の理解は得やすくなります。休むのは甘えと思わずにきちんと事情を説明して休むことも大切なんですよね。

つわりで仕事を休むと上司に言いずらい!母子健康管理指導事項連絡カード

55 - つわりで休むのは甘え?そんなこと悩む必要なんてない!

母子健康管理指導事項連絡カードって知っていますか?これは医師に記入してもらい、自分が今こんな状態なので仕事を休んだり負担軽減をした方が良いとカードで会社に伝えるものです。

 

理解のない上司を説得するのって難しいんですよね。そんな時に提出するものです。こういったカードを利用することによって、本当に医師からこんな指導をされていますよ、希望を聞いてくださいとスムーズに伝えることが出来るのです。

 

もちろん本来ならこのようなカードがなくても口頭の説明でつわり休暇はとれるもの。つわりが酷くて仕事をお休みしたいという時には積極的に利用しましょう!カードの詳しい説明やダウンロードはこちらにあります。

女性に優しい職場づくりナビ

つわりで休むのは甘えではない!ただし周囲への配慮を忘れずに

つわりで休むことは全然甘えなんかではありません。ただしそれを周囲の人が理解してくれていなけれな甘えととらえられてしまうかもしれません。

 

これからも仕事を続け行くうえで仕事の上司や仲間とは関係を悪くしたくない。

 

そんな時にはしっかりと自分が休んでしまった時にどうするのかを決めておきましょう。周囲への負担が大きくなってしまうことは事実なので、出来るだけ低姿勢でいるようにしましょう。

 

それでも文句を言うような上司には母子健康管理指導事項連絡カードを記入してもらい提出しましょう。医師からの指導ですもの、甘えでもずるでもないんです。辛い時にはしっかり休んでくださいね。赤ちゃんを守るのはお母さん自身なのですから!

.jpg - つわりで休むのは甘え?そんなこと悩む必要なんてない!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気ブログランキング


にほんブログ村 マタニティーブログ つわりへ

お問い合わせ

お問い合わせはこちらからお願いします。