つわりの嘔吐でうつっぽくなってしまい・・私には地獄でした

58 - つわりの嘔吐でうつっぽくなってしまい・・私には地獄でした

私の年齢は34歳、子供が2人いるのですが、そのときに体験したつわりの体験談を紹介します。私のつわりが続いた時期は3ヶ月くらいから6ヶ月くらいまで続きました。ほとんどが食べづわりだったので、食べていないときが辛かったです。

 

つわりで悩んでいる人、これから妊娠する人でつわりが恐怖だという人たくさんいますよね。つわりの乗り切り方が分からない人もいるのではないでしょか?私はつわりでうつになりかけたことがありました。

 

 

私はつわりが重く、さらに長いので本当に辛かったです。つわりがこんなに辛いなんて思っておらず毎日が地獄のような生活でした。私がどんなつわりだったのかというと、とにかく毎日気持ち悪くて仕方がありませんでした。3ヶ月~4ヶ月くらいの間はご飯を食べても食べなくても辛くて毎日吐いていました。

 

 

楽だったのは眠っているときだけで、それ以外はすべて気持ち悪くて、車酔いも激しかったので車に乗るのがとても嫌でした。そして、何が一番辛かったのかというと、まともにご飯が食べられなかったことです。

 

 

ご飯がしっかりと食べれない時期が2ヶ月以上つづき、それでメンタルが追いやられていったのです。いつか終わると分かっていても、いつまで続くか分からないつわりに何もやる気が起こらなかったです。

気持ち悪い、何してもダメ。だったらいっそ何もしない!

私が一番つわりがひどかったときはとにかく何をしてもダメで食べても食べなくても気持ち悪くてそのときは、ひたすら横になり、もし可能ならゼリーなどを食べるくらいですね。

 

 

飲み物を飲まないと絶対にダメなので飲みやすいお茶や水の水分補給だけは必ず行い、後は無理に食べようと思わないことです。つわりだけはどうやっても薬で緩和することは出来ないので極力気持ち悪くならないようにするしかありません。ほかには気持ち悪かったら無理して動かない、横になる、寝るなど気持ち悪さをまぎらわすことが一番です

 

 

。私の場合は臭いがだめだったので、きつい臭いがするところには近づかないようにしました。そのため、料理もカレーなど香辛料が強いものは作らずに、和食など、キツイ香りがしないものを作っていました。油なども無理だったので、油っぽいものは作らなかったです。そして、どうしてもきついなら無理にご飯は作らずに、冷凍物を利用したり、弁当にするなど、楽をすれば良いと思います。ひどいつわりは長くは続かないのでそのときくらい、家事をさぼっても良いですよ。

 

 

また、私の場合はうつになりそうだったので、気分がよくなったら日向ぼっこをしたり、少し散歩をしたり、気分転換をしました。また、5ヶ月くらいになると食べつわりになるので、そうなったら空腹にならないように心がけていました。

 

 

ですが、まだ脂っこいものや味が濃いものは食べられないのでデザートやゼリーなど食べやすいものを食べて空腹にならないように心がけていました。食べつわりのころは、どこへ行くにも何か食べられるものを常に持ち歩いていて気持ち悪くならないようにしていました。

 

 

ですが、私はから揚げなどの脂っこいものが好きなので、肉類が食べられないのは本当に辛くうつになりかけていました。うつにならないようにするには何か気分が上がる事をすることです。つわりの時期は嫌なことはやめて好きなことだけをする、家事も出来る範囲でやるだけで、わがままに生活しても良いと思います。

 

 

つわりでもずっと気持ち悪いわけではないので、少しでも気分がよければ気分転換をすることを考えることが対策です。つわりは緩和することは難しいので気分をあげることを考えましょう。私はうつになりかけていたのですが、なんとか乗り切ることが出来ました。つわりはどうにもならないので、気分が良くなる事を考えり、無理をしないで休んだり、そっちの方が効果があったと思います。

つわりの薬はない、うつを避けるために気分転換を

18 - つわりの嘔吐でうつっぽくなってしまい・・私には地獄でした

つわりは多かれ少なかれ誰にでもありますね。もちろんほとんどないという人もいると思いますが、ほとんどの人がつわりが起きますよね。つわりの辛さは経験しているので分かるのですが、毎日船酔いのような状態が続き本当に辛いですし、起きているのもしんどいでしょう。そんな状態が続いたらうつになるのは当たり前だと思います。

 

 

ですが、妊娠を体験する以上はつわりを乗り越えるしかありません。そして、今の医学ではつわりを薬で改善するということは出来ません。ですので、いかにつわりの期間は楽に暮らすかということだと思います。つわりでただでさえ辛いのに、それ以上辛い事をしたらうつのような症状になって当たり前だと思います。

 

 

つわりは短い人で1ヶ月長くても出産するまでに終わりますし、ピークの状態が長く続く事はありません。つわりがあったとしても、徐々に軽くなっていくと思うので、待つしかありません。つわりが少しでも軽くなるためには、気持ち悪くなることを控えることです。

 

 

例えば車酔いが激しいなら極力車に乗らない、臭いがダメなら、気持ち悪くなるにおいのところへは近づかないなど、ひどくならないようにすることが大切です。そうして、自分が好きな事をして気分転換をするというのがうつにならない対策だと思います。

 

 

つわりをなくすことは出来ないので、少しでもひどくならないようにすることが大切です。中には仕事をしている人もいるでしょう。つわりがそこまで辛くなくて仕事が気分転換になるなら仕事は無理のないように続けると良いですね。それでなくても運動は気分転換になるので、少し散歩をするなど無理のない範囲で体を動かすと、気分が上がるのでおすすめです。

 

 

つわりを乗り切るには出来るだけ気分がよくなることを考えることですね。産まれてくる赤ちゃんの事でも良いですし、好きなことでも構わないので、普段の生活から少し離れて好きなことだけ考えて生活をしましょう。そうして、赤ちゃんが産まれたら誰でも忙しい生活になるので、限られた時間を楽しんでくださいね。

.jpg - つわりの嘔吐でうつっぽくなってしまい・・私には地獄でした

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気ブログランキング


にほんブログ村 マタニティーブログ つわりへ

お問い合わせ

お問い合わせはこちらからお願いします。