うつっぽいつわりを癒してくれたもの!メディカルアロマって知ってますか?

83 - うつっぽいつわりを癒してくれたもの!メディカルアロマって知ってますか?

私がつわりできつかった時期は、29歳の時です。
つわり期間は1か月半です。
結婚後も仕事を続けていて、最初妊娠したことに気づいていなかったのです。
まず、つわり症状が出たのは、職場でのランチのときでした。
食後に飲むいつものインスタントコーヒーの匂いで、胸がムカムカしてきたのです。

 

 

【この前まで、全然平気なことが全て辛くなる】
食後のコーヒーで胸がムカムカして、そんな経験は今までなかったので、
胃が悪いのかなと思いました。そして何となく不安になって仕事帰りに病院に寄ってみたのです。
診察してもらって、先生が嬉しそうに
「おめでたですね」と言ってくれました。
結婚しているし、子供はもちろん欲しかったけど、あまりに急で、何となく気分が落ち込んだのです。
え?妊娠?今?と思ったのです。

 

 

【仕事と妊娠との両立ができるのか】
その晩はなぜか眠れませんでした。
夫に一応報告すると、
「おっ?!やったね」と喜んでいました。
「お祝いに今日はもう一本ビールあけちゃおうかな」
といそいそ冷蔵庫にビールをとるに行く始末。
何かその後ろ姿にもイライラ。気楽なやつ。私はこれからは体調と相談しながら仕事をしないといけないのに。その時、また猛烈な吐き気が襲ってきました。これがつわりなんだなと思いました。

 

 

【職場の先輩にマタニティ―ブルーを指摘される】
入社以来ずっとお世話になっている先輩に、
「大丈夫?」と声をかけられました。
2人のお子さんもいるベテランワーキングマザーです。
「うつ、一歩手前です」
と打ち明けました。

 

うつっぽいと感じたら周囲に伝えることが大事!一人で抱えないこと

73 - うつっぽいつわりを癒してくれたもの!メディカルアロマって知ってますか?

職場の先輩はそれ以降、時々声をかけてくれるようになりました。
背中を撫でながら、いろいろ話しかけてくれるのです。
職場で仕事中だったのですが、号泣してしまいました。

 

 

大学入学から地元を離れて一人暮らしをしていて、母親がそばにいません。
先輩の優しさが身に沁みました。
しかし、先輩は二人のお子さんを妊娠されたときに私はこんなに先輩を気遣っていませんでした。
独身だったし、全く気が付かなかったのです。

 

私は言いました。
「先輩、ごめんなさい。先輩だって妊娠中つわりとかうつ症状とか辛いことあったのに、私は仕事で先輩に迷惑ばかりかけていたのに。」
「そんなこと気にしなくていいの。私はつわりは軽かったし、一人目の時はずっと休ませてもらっていたいし。その後の育児の時も、職場の人たちには一杯助けてもらったし。」
私は、またワンワンと先輩の方におでこをつけて泣きじゃくりました。

 

よしよしと先輩は髪をなでてくれます。母がそばに居てくれたらきっとこうしてくれるんだろうなと思っていました。

メディカルアロマのおかげでうつ状態からリラックスできるように

【何か対策を考えねば】
私は、いつまでも先輩に甘えるわけにも行きません。
色々調べて、メディカルアロマという施術があることを知りました。
妊娠中は匂いに敏感になります、だからアロマってどうなのかなって思ったのですが、
私の近所にちょうどメディカルアロマのサロンを開いている方がいました。
マタニティマッサージもやってくれるとのこと。早速予約してみました。

 

伺ってみると、私の母位の年代の穏やかそうな方でした。その方の容貌をみるだけで何だかホットしました。
「眠れていますか?」
一番に聞かれました。
「深い眠りには落ちていません」
と応えると、
「では、今日はアロマを少しだけくゆらせて、ヘッドマッサージを行います」
と言われました。
「とりあえず、ゆっくりしましょう。お話はその後でも、ね?」と言ってくださったのです。

 

 

【ヘッドマッサージで即寝落ち】
その後の記憶が正直ないんです。
すとんと寝てしまったみたいで、それ以降、私は条件反射なのか、サロンの先生の顔を見るだけで
眠たくなってしまうようになりました。
アロマの香りはいつもウッディ系で、マッサージオイルはセサミオイルを使っているのですが、
これは無臭です。でも先生にこめかみをすっと撫でられるだけで、ふーーっと別世界に行けるようなんですよね。不思議です。しかし、世の中にメディカルアロマと言う世界があって本当に良かったと思います。

 

 

【自分に合ったリラックス法、ストレス解消法をさがそう】
私は、アロママッサージが一番効果的でした。
元々良い香りのものが好きだったし、マッサージがとても好きでした。
しかし妊娠して香りの好みは変わりました。

 

以前は、柑橘系やフローラル系が好きだったのが、ウッディ系が好きになりました。
木の香り、葉っぱの香りといったすっきりした香りが好きになって行ったのです。
食べ物の好みが変わると言われますが、香りの好みも変わるんですよね。

 

好きな香りの精油を購入して、部屋でも使うようにしました。
枕カバーにつけておくとよく眠れます。

【女性なら妊娠すればつわりはある】
どんな健康体の人でも、妊娠初期は気分が落ち込み、うつ状態になり、つわり、頭痛、めまいなど
色んな不調が起こります。
生理前に頭が痛くなったり、うつ状態になったりしませんか?
あの症状をもっときつくしたような状態です。

 

 

でも、それって病気じゃないのでは?
私も実際に妊娠するまでそう思っていました。
昔の方は、しんどそうにすること自体恥ずかしいという風潮だったそうです。
しかし、これは立派な不調です。必ずいつかは症状は治まるけど、病んだ状態なんです。

 

 

【妊娠初期は赤ちゃんにとっても大切な時期】
妊娠初期、まず赤ちゃんの脳からつくられていきます。
だから妊娠初期に無理などをすると赤ちゃんの脳にもダメージがあるのです。
そんな大事な時期を過ごす妊婦さんを周りの方も気遣ってあげてください。

 

妊婦さんへの理解がこの世の中少ないような気がします。
妊娠の経験のある方は、なるべく見知らぬ妊婦さんでも気遣って、
気分が悪く、しゃがみこんでいたりしたら、声をかけてあげて欲しいのです。

 

 

私は妊娠して一番良かったのは、もちろん子供ができたことですが
それともう一つ、周りの人の気持ちを慮ることができるようになったことです。
電車の中で気分が悪そうな女性をみたら、いつかの自分に声をかけるつもりで接しています。
そういう人間が増えて行けば、もっと妊婦さんも増えて、少子化も解消されるように思います。

.jpg - うつっぽいつわりを癒してくれたもの!メディカルアロマって知ってますか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気ブログランキング


にほんブログ村 マタニティーブログ つわりへ

お問い合わせ

お問い合わせはこちらからお願いします。