つわりで吐く前の予兆?唾液が増える理由とは

9 - つわりで吐く前の予兆?唾液が増える理由とは

つわりで嘔吐する前になぜか唾液が増える方はいませんか?多少唾液が増えると言う方もいれば、一気に溢れ出すほど唾液が出てしまう方もいると思います。嘔吐の前に唾液が増えてしまうとより気持ちが悪くなってしまいますよね。

 

なぜ、嘔吐の前に唾液が増えてしまうのか?まとめてみました。

 

吐く直前に唾液が増えるのはなぜ?これって私だけ?

吐き気がしてトイレに駆け込むと先に唾液が増え、その直後に嘔吐します。吐く前に唾液が増えるのは嘔吐中枢の近くに唾液が分泌される中枢があるからだそうです。嘔吐中枢が刺激を受けると同時にこの唾液が分泌される中枢も刺激され、吐く前に唾液が増加するんだそうです。

ですので、嘔吐の前に唾液が増えたからといって特別心配する様な事はありません。ただものすごく気分が悪いですよね。自分の唾液でさえつわりの間は気持ちが悪い。吐く前には必ず唾液が増える人にとっては嘔吐の予兆みたいになっているかもしれませんね。

 

吐く前に唾液が増えるだけなら良いのですが、中には唾液づわりと言って常に唾液がたくさん分泌されてしまうつわりもあるのです。実はこちらの方が厄介なんです。

唾液づわりってどんなつわり?なぜ起こるのか

11 - つわりで吐く前の予兆?唾液が増える理由とは

唾液づわりはよだれつわりとも言われます。これも吐き気や嘔吐と同じようにひどいと生活にかなり支障をきたすものです。人によって程度は差があります。

 

 

普段より唾液が少し多く飴や飲み物でごまかせる程度から、口の中が唾液でいっぱいになり飲み込むことができない程度まで。吐き気や嘔吐などのつわりに比べてあまり知られてはいませんが、これはこれで辛いんですよね。

唾液つわりが起こるのはなぜ?

妊娠によって黄体ホルモンの分泌が増加します。これによって胃腸の働きが鈍くなり、唾液を多く分泌することで消化機能を高めようとする働きが起こるそうです。また、嘔吐中枢を刺激するホルモンも多く出るため,先ほども書いたように近くの唾液分泌中枢も刺激を多く受けることとなります。

 

唾液つわりも妊娠によるホルモンの変化で起こるつわりの一緒なのです。

唾液が止まらない!唾液づわりの対策は

8 - つわりで吐く前の予兆?唾液が増える理由とは

まず、吐く前に唾液が増えてしまいどうにかしたいと思う方は、吐く前に飲み物を飲むことをお勧めします。
唾液で口の中が気持ちが悪くなってしまうので、自分の好きな飲み物を飲みそのまま吐く方が口の中の唾液で気持ちが悪くなりにくいのではないでしょうか。

 

吐く前に水を飲むことで吐きやすくなりますよね?

少しでも唾液が口の中にあふれる時間を減らすこと程度しかできませんが、それだけでもつわりの気持ち悪さは多少減ります。私の場合、食べ物を吐きやすいように食後飲み物をたくさん飲み、そのまま一気に吐いていました。

 

唾液つわりの場合は食事は関係ありません。常に唾液があふれてきます。

 

飲み込める程度ならいいのですが、ひどいと飲み込むことさえ出来ません。一番簡単な対策は空のペットボトルを持ち歩くこと。そこに唾液を吐いておくと出先でも困らないです。他人に見られるのが気になるときはペットボトルカバーを利用するといいですね。

 

しかし、これにもデメリットがあって一度吐いたペットボトルにまた口をつけるのが気持ち悪いと感じてしまうことも。自分の唾液なんですがなんか嫌ですよね。

 

なので私は洗面所に行き唾液を吐くか、外ではティッシュに吐いていました。ティッシュとゴミ入れのビニール袋をいつも持ち歩く生活。荷物にはなるけど毎度新しいティッシュに唾を出す方が気分的にも良かった気がします。

 

帰宅するときのティッシュのごみ量はやばかったですけどね(笑)

 

 

あとは飴やグミなど常に食べるようにすると唾液を自然に飲み込めます。唾液づわりには必須!本当に何をしていても唾液があふれてきて会話もままならない時もありました。練るときにも唾液があふれるので枕元に洗面器を用意したり、ティッシュの箱を置いておくなどの工夫をしてどうにか乗り切りました。

 

妊娠するまで唾液なんてネット検索もかけたことがないほど気にする機会ってなかったですよね?

吐き気や嘔吐よりも経験者が少ないので「そんなことがあるの!?」なんて驚かれることもありました。この唾液づわりも時期が来れば終わるので、時が来るまで辛抱ですよ!

.jpg - つわりで吐く前の予兆?唾液が増える理由とは

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気ブログランキング


にほんブログ村 マタニティーブログ つわりへ

お問い合わせ

お問い合わせはこちらからお願いします。