マタニティマークつける?通勤がつわりでつらいときに使ってました

30 - マタニティマークつける?通勤がつわりでつらいときに使ってました

28歳の専業主婦です。
今では3人の子育てに奮闘していますが、5年前の春に初めての妊娠が発覚したと同時につわりが始まり、当時はまだ仕事をしていたので、つわりと闘いながらの通勤や仕事にとても苦労した覚えがあります。

 

お仕事中に襲いかかってくるつわり、どうしようもなく困っていませんか?

 

妊娠は病気ではないとは言われますが、いっそ病気として処方箋を出して症状を抑えて欲しいくらい辛いものですよね。
今思えば私のつわりは、妊娠検査薬に陽性が出る約10日から一週間前から始まっていました。ちゃんとした陽性反応が出るまでは、ずっと治らない微熱や寒気と謎の腰痛に悩まされ、整形外科を受診したり、きつくて会社を何度も休んだり、妊娠発覚前から苦しみました。

つわりで運転が特につらく上司に相談しました

とにかく自分じゃどうしようも出来ないことばかりだったというのが、とても記憶に残っています。
ずっと止まらないぞくぞくとした寒気と微熱感、さらに本当に何も食べたくなくなってしまう食欲の減少や胃のムカムカとニオイに対して過敏になっていたこと、そして車営業をしていた私にとって一番の痛手だったのが、運転中のつらい腰痛と頻尿でした。

 

当時私の営業範囲は県をまたぐ距離を行ったり来たりするものだったので、高速道路を使うのは当たり前だったこともあり、たびたび休憩できる下道を使って移動を切り替えることもありました。ですが営業があまりに長引いて辛くなってどうしようもなくなったとき、まずは妊娠のことと痛みの辛さを当時の上司に説明して相談しました。

 

 

腰痛の痛みは、妊娠初期から後期に至るまで共通して持たれる多くの悩みの一つで、妊娠して放出されるホルモンの影響で骨盤が急に開き始めることで、それまでなかった痛みとなります。また頻尿も、急激に大きくなる子宮に圧迫された膀胱のせいで起こるようになるのです。

 

産院でそう話を聞き、上司に相談したところ、私の体調をとても心配してくれて、周りの同僚にも協力してもらうよう話をしてもらい、年度が変わるタイミングで事務業務の方に切り替えてもらいました。

 

それからは、車の運転がパソコン業務に変わったのですが、座って行うことには変わりはなかったので、背中や腰のところにクッションを置いて、なんとか痛みを和らげることに徹しました。

 

ひどい時には15分おきにトイレに行かざるを得なくなっていた頻尿も、屋内の作業に切り替えてもらうことで、すぐ対処できるようになりました。

胃がムカムカして辛い時には飴やグミで対応

22 300x203 - マタニティマークつける?通勤がつわりでつらいときに使ってました

同じくらい辛かった胃のムカつきには、とにかく飴やグミを食べて乗り越えていました。私は吐きづわりではなく食べづわりだったので、口の中に絶えず何かを入れていないと気持ちが悪かったので、1日で飴ひと袋や、グミ2〜3袋は食べてしまうほどでした。

 

 

糖分の摂りすぎかな、と思うこともありましたが、産院の先生から「今は何を食べても大丈夫だし、まずは食べられるものを食べてね」と言っていただいていたので、そこは気にせずたくさん食べて気を紛らわせていました。ニオイにも敏感になっていたので、わざわざ冷蔵庫に入って何かを取りに行くと、冷蔵庫の中のニオイでまた気持ち悪くなるのもわかっていたので、飴やグミやいつも机の中においてストックして、わざわざ移動しなくてもいいようにしていました。

 

止まらない寒気や微熱には、妊娠するともう市販薬も使えなくなってしまうので、とにかくひざ掛けなどで対応していました。寒気が治まってきた頃でも、冷やすとむくみの原因になることもあったので、とにかく冷やさないことに徹していました。

通勤がつらいならマタニティマークを活用することもひとつの手です

31 300x183 - マタニティマークつける?通勤がつわりでつらいときに使ってました

仕事をしながらのつわりは、本当に辛く、どうしようもなく悩まされることと思います。特に妊娠初期はまだ安定期ではなく、人に言いにくかったり、相談しづらかったり、また男性ばかりの職場やママになって働いている人が少ない職場ならば、理解してくれる人も少なく、自分のことなのに自分でもどうしたらいいかわからないことも多いのではないかと思います。

 

 

でも、安心してください。つわりは必ず終わります!そしてつわりがあるということは、何よりも、赤ちゃんがお腹の中で元気だという証拠なのです。

 

 

妊娠は本当に神秘的で、まだ外から見てお腹が全然大きくなくても、体の中では着々と赤ちゃんを産む準備をし始めています。エコーではまだまだ赤ちゃんが小さく、心臓が動いているかいないかも見えないくらいかもしれませんが、それでもものすごいスピードで成長して、お母さんに会うために頑張っているのです。

 

 

通勤時間が長くてきつい時でも、どうか優先席を使って少しでも休んでください。仕事に行くのが大変な時には、自分のためだけでなく、自分と赤ちゃんのために横になってください。妊娠は確かに病気ではありませんが、あなたの体ももう一人だけのものではありませんから、必要な時にはしっかりと休むことが必要です。

 

 

そして妊娠がわかったらマタニティマークを身につけることも、私は大事な備えだと思っています。私は往復1時間もかかる通勤時間だったのですが、都心で乗り降りするため通勤ラッシュの時間帯で座れないことが当たり前だったのですが、通勤バッグにマタニティマークをお守り代わりにつけておくことで、何回も助けていただきました。

 

 

それも大体が年上の女性の方で、みんな「お母さん」を経験してきた方々でした。席を譲ってくださる際に声をかけていただいてお話しして、励ましてくださったのはとても嬉しく忘れられない体験となりました。
どうかご自身と、そして赤ちゃんのためにも、今のつわりを乗り切っていけますように!

.jpg - マタニティマークつける?通勤がつわりでつらいときに使ってました

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気ブログランキング


にほんブログ村 マタニティーブログ つわりへ

お問い合わせ

お問い合わせはこちらからお願いします。