つわりが原因で仕事のトラブル。隠さず報告すればよかったと後悔

27 - つわりが原因で仕事のトラブル。隠さず報告すればよかったと後悔

38歳、二人の子供を持ち、今は専業主婦として生活しています。

出産を機に、当時事務職として働いていた会社を退職しました。在職中はデスクワークがメインで立ち仕事はほぼありませんでしたし、職場環境も良い方だったと思います。

 

 

仕事中のつわりは想像以上でした。私と同じように仕事中のつわりでお困りの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

私は食べても食べなくても気持ち悪くなる、いわゆる「食べづわり」というものでした。キャンディーやクッキーなどをつまむ程度では気持ち悪さが治まらず、おにぎりやサンドイッチなど軽食程度のものを食べないと落ち着かないものでした。けれど食べたからと言っても、症状が緩和されるのはほんの20~30分程度。すぐに気持ち悪くなってしまい、そしてまた食べるというものでした。もちろん何も食べないときは、胃の不快感という症状はもっとひどかったです。

妊娠したことを職場の女性社員にだけ伝えた結果・・トラブルに

当時、妊娠していた事を職場の課長と女性職員にしか伝えていませんでした。係長以下の男性社員は私の妊娠を知りません。つわりで顔面蒼白、仕事のスピードも落ちてはいましたし、食べづわりのため座席で食べる軽食の量が増え、嘔吐のため席を外すことも増えましたが、いつもと同じように仕事をしてコミュニケーションを取っているつもりでした。

 

しかしある時、係長である男性職員に会議室に呼び出されました。そして驚くべきことを言われました。

 

 

「俺の事が気にいらないなら、はっきりそう言えばいいじゃないか!俺に対する最近のキミの態度が露骨で頭に来るんだよ!そんなに俺と仕事するのが嫌か!!」とものすごい剣幕で怒鳴られたのです。

 

 

私は驚きのあまり言い返すことも、事情を説明することもできずに泣き出してしまいました。できるだけ冷静に説明をすると相手も謝罪してくれましたが、次の日から仕事がなくなりました。私が担当していた案件も、私に何の相談も無く他の人に変えられていましたし、職場の会議にも一切参加させてもらえなくなりました。

 

妊娠やつわりのことは早めに正直に話した方が仕事上のトラブルが防げると思う

pregnant 214522 960 720 300x200 - つわりが原因で仕事のトラブル。隠さず報告すればよかったと後悔

解決方法としては、妊娠したら早めに職場の人に正直に話す、という事です。

つわりが原因で引き起こされた人兼関係のトラブル。私の妊娠の事実をごく限られた一部の人たちにしか伝えていなかったというのが、このようなトラブルの原因だったのだと思います。実際にきちんと説明をした人たちからは思いやりのある態度で接してもらえましたし、状況を理解してもらえていましたから。

 

 

私も普段通りにコミュニケーションをとっているつもりでも、目つきも、声色も、悪い意味でいつもとは違った状態が続いていたのだと思います。病気ではないけれど自分ではコントロールすることができない体の症状だったので、事情を知らない人が勘違いしても仕方ないかなと思います。

 

 

食べづわりだったので座席で食べるおかしや軽食の量も増えましたし、嘔吐とはいえ席を何度も外しているのはあまり良い印象ではありませんよね。トータルで考えると「態度が悪い」というように思われても仕方ない状況でした。

 

 

やはり、一番迷惑を掛けてしまうのは毎日身近に働く方達。心配や迷惑をかけまいとしても、つわりの症状によっては業務上での迷惑をかけてしまう事が多々あります。妊娠中はどうしても避けては通れません。ましてやそれが男性なら、つわりの辛さを理解できなくて当たり前です。既婚者やさらにお子さんがいらっしゃる方でも、自らつわりを経験することはできませんから。

 

 

私がその係長の逆の立場でも、会議室で怒鳴りつけこそしないものの「自分が何かしたのかな」と心配になりますし。相手の立場に立って考える余裕がなかったために起きた無用な問題でした。

 

 

来客のお茶出し以外の仕事が一切なくなってしまったのはマタハラとも取れる上司の行動でしたが、彼なりに配慮してくれたのかなと今となっては思います。仕事をさせてほしいと言ったところで一人前のパフォーマンスが出来ないのはまぎれもない事実でしたから、これも仕方ないなと思っています。

 

妊娠を隠したい気持ちはわかるけど仕事仲間って意外と気づく

8 300x200 - つわりが原因で仕事のトラブル。隠さず報告すればよかったと後悔

妊娠中は不安定な時期が続き、安定期に入っても何が起こるかわかりませんよね。妊婦さん自身も劇的に変わる自分の心や体についていくのがやっとだと思います。最近は妊活や不妊など、妊娠に関わるデリケートな問題が取りざたされているので、妊娠の事実を公にする事がはばかられるのも事実です。周囲に遠慮してマタニティーマークすら付けられないというニュースもあるほどなので、口にしづらい気持ちも良くわかります。

 

 

ただ、毎日一緒に仕事をしている人達はきっとすぐに変化に気付くと思います。つわりの時期は顔色も悪く、トイレにいく回数も増えますし、何より私のように食べづわりなら明らかに食べる量が増えますし。つわりでも嘔吐がない場合なら体重も増えていくかと思いますので、必ず身体的な変化があります。毎日会う人で気づかない人は少ないかもしれませんね。黙っていてもバレるなら隠さずしっかりと妊娠の事実を説明しておいた方がお互いが楽なのではないでしょうか。

 

 

妊娠は自分だけの問題ではありません。周囲の人たちもそうですが、お腹の赤ちゃんにも大きく関係しています。自分と赤ちゃんと関わる全ての人たちの為にも、しっかりと事情を説明する事が大切だと思います。ここからお母さんとしての仕事はもうすでに始まっているのかもしれませんね。

 

 

つわりは赤ちゃんが順調に育っている証拠です。お母さんが無理しないよう、甘えられる時に、甘えられる人にはしっかり甘えて、その恩はいつか気持ちを込めて返せば良いだけの話です。食べづわりで太ってしまうかもと心配になっても、定期検診で先生がしっかりと状態をチェックしてくれますので、その度に調整すれば良いと思います。

 

 

つわりの時期が終われば、その事をまた周囲に説明する事も忘れないようにしておきましょう。今度はお腹が大きくなって動きが制限され始めますので。体調が変わる度に伝えておくと良いと思います。仕事においては「報告・連絡・相談」が基本ですからね。

無理のないよう、つらいつわりの時期を乗り越えられると良いですね。

.jpg - つわりが原因で仕事のトラブル。隠さず報告すればよかったと後悔

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気ブログランキング


にほんブログ村 マタニティーブログ つわりへ

お問い合わせ

お問い合わせはこちらからお願いします。